注目キーワード
  1. DX
  2. AI
  3. IoT
  4. 業務効率化
  5. 自動化
CATEGORY

DX

  • 2021年4月30日
  • 2021年4月30日

製造業におけるDXの取り組み事例 【外観検査へのAI適用】

  製造業におけるDXは、喫緊の課題といえるでしょう。 製造業においては、生産性が収益性にダイレクトに影響するため、製造工程を高度化し生産性の改善を進めることが重要です。   近年では、DXの文脈の中で様々なデジタル技術が製造業に […]

  • 2021年4月26日
  • 2021年5月11日

Power Automateを用いた承認フローの自動化

  コロナ過の影響もあり、テレワークによる遠隔での勤務が一般的となりました。その中で、紙への押印による承認フローなど、遠隔では実施しにくい業務の見直しが進んでいます。   この記事では、Microsoft社の自動化ツールであるPo […]

  • 2021年4月26日
  • 2021年5月11日

流通・小売業におけるDX -次世代店舗 「スマートストア」-

IoT、AIといった先端技術を利用することにより、流通・小売業界を変革するソリューションが次々と生まれています。 ここでは、次世代店舗の姿として、最も注目され、実際に次々と導入がはじまりつつある「Smart Store(スマートストア)」について、ご […]

  • 2021年4月24日
  • 2021年5月11日

デジタル化で変わる小売業 IoT活用で実現する「次世代型リアル店舗」の在るべき姿とは?

モノを売りにくい時代、流通・小売業界で生き残るためには 日常生活のさまざまな場面で「デジタル化」が進んでいる現在、オンラインショッピングやキャッシュレス決済の普及によって、特に消費者の購買行動は急速に変化しています。 また、2020年ごろからの新型コ […]

  • 2021年4月17日
  • 2021年5月11日

中小企業がDXに活用できる補助金・助成金を紹介

IT投資を行う際に必ず課題となるのが、投資対効果の検討です。IT投資は高額となりやすく、その投資に見合うだけの効果が出るのか、投資が無駄にならないのかを気にすることになります。   IT投資の負担を軽減するために有効なのが、政府・自治体等の […]

  • 2021年4月17日
  • 2021年5月11日

今、なぜDXに取り組まなければならないか?

最近DXという言葉がバズワードになっています。 DXに乗り遅れると、今後生き残れないと言われる経営者の方も最近多いと感じています。 それでは、なぜ今DXを最優先で散り組まなければならないか、以下に述べたいと思います。 結論を先に述べます。   […]

  • 2021年4月13日
  • 2021年5月11日

Power Automateを用いたSNSによるデジタルマーケティング

近年では、DXの取り組みとしてデジタルマーケティングに注目が集まっています。購買行動の多くがWeb空間で行われるようになり、デジタルマーケティングは実店舗におけるマーケティングと同等に重要な施策となりました。   この記事では、Micros […]

  • 2021年4月6日
  • 2021年5月11日

クラウドサービス導入のために必要なセキュリティ対策とは

悩んでいる若い男性 オンプレミスとクラウドってどっちが良いんだろう?管理や拡張性やコストなど考えると、今どきクラウドが断然良いように思うけど? 悩んでいる女性 そうよね。私も今の時代、クラウドがイチオシだと思うわ。でもセキュリティのこともちゃんと検討 […]

  • 2021年3月28日
  • 2021年5月11日

DXにおける業務自動化の勘所 Power Automateの活用方法解説

悩んでいる若い男性 うちの会社は、まだまだ手作業の業務が多いんだよね。 悩んでいる女性 具体的にはどんなことは多いの? 悩んでいる若い男性 例えば、問い合わせのメールの集計とか会計システムと基幹システムとの連携を手作業でやっていたりとか、とにかく毎日 […]

  • 2021年2月25日
  • 2021年5月11日

Power Automateとは?DXに役立つ自動化ツールを解説

悩んでいる若い男性 毎日、毎週、毎月同じ作業を手作業でやるような非効率な業務がたくさんあるんだよね。何か良いものないかなあ? 悩んでいる女性 マイクロソフトにPower Automateというのがあるわよ 悩んでいる若い男性 それって、プラグマーの人 […]

NO IMAGE

DX推進により、企業価値向上を支援する

AIやIoTといった最新のテクノロジーの活用により、従来とは全く異なったゲームを仕掛けてくる競合の存在のみならず、今後顧客として主役とななるデジタルネイティブ世代の出現により、企業にとって、DX推進こそが21世紀に生き残っていくための必要条件となります。 「BRAIN]は、そのような厳しい事業環境下、課題の提示、解決策の提示を積極的に行っていくことにより、企業価値向上を支援します。

CTR IMG