【中小企業のよろず相談所】中小企業経営者の皆様の経営に役立つ情報を満載したブログです。 日々の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。是非ご活用ください!

経営相談.COM 管理人のプロフィール

My Career

こんにちは、経営相談.COMの管理人 をしております徳田 充宏(とくだ みつひろ)と申します。

私のプロフィールについてご紹介していきたいと思います。

プロフィール(経歴)概要

第一勧業銀行(現みずほ銀行)

外資系経営コンサルティングファーム  アーサーアンダーセン

大手SIer伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)にて、戦略系経営コンサルティンググループ事業統括責任者(マネージング・ディレクター)

アミューズメント業界向けの基幹システムをSaaSで提供する事業を行うため起業、株式会社オペレーティング・パートナーズを設立。現在に至る
なお、経営コンサルティング会社として、株式会社ウィルソリューションズも経営
SaaSとは、「Software as a Service」の略語。ソフトウェアを、ユーザー側が自分で導入するのではなく、プロバイダ側がインターネット経由で提供し、ユーザーが利用する形態のことをいいます。

大学卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)を経て、外資系コンサルティングファーム アーサーアンダーセンにてコンサルティングのイロハを学び、当時私の上司だったパートナーの方にお声がけ頂き、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のコンサルティング事業を立ち上げるためCTCに移籍しました。その後最終的にはCTCにて、戦略系コンサルティンググループのマネージング・ディレクター(事業統括責任者)として、30名程度のユニットを統括し、戦略系を中心としたコンサルティング部隊を統括しておりました。

主に大手企業向け経営戦略立案、業務改革、組織設計、人事・報酬制度策定、システム構想立案・要件定義・基本設計支援、各種施策の実行支援、そして企業再生コンサルティング等多種多様なコンサルティングを行いました。

起業後になりますが、企業再生の分野では、年商80億円程度の医療系地場大手企業に自らが再生企業の代表取締役として2年にわたり経営を行い、業績の大幅改善、金融機関へのリスケ交渉、スポンサー選定等を自ら行い、企業再生(エグジット)に成功することができました。企業再生は、経営コンサルティングの総合芸術のようなものだと思っており、この経験は私にとって何にも代えがたいものとなっております。

その後アミューズメント業界向け基幹システムをクラウドサービス(SaaS)で提供するIT企業を起業し、現在に至っております。

また海外事業として、ミャンマーにてオフショア開発及びホテルを経営する現地法人を経営しております。
なお、このプロフィールを記載している現在において、ミャンマーでは、軍事政権によるクーデターが起こり、予断を許さない状況となっております。海外進出して既に5年ほどになり、様々な経験を今までしてきておりますが、あらためて海外事業の難しさ、リスクの高さを痛感しております。
別途海外事業の醍醐味及びリスク等については、本メディア内でご紹介したいと思います。

米国公認会計士
北海道大学法学部卒業

プロフィール(経歴)詳細

ベンチャー企業のイメージ

現在の取り組み内容

現在東京で、オペレーティング・パートナーズというIT企業を経営しております。

当社を設立して早14年になりますが、おかげさまで導入店舗数は2,000店舗を超え、業界No1のシステムに成長致しました。
この間、リーマンショック、東日本大震災、そしてコロナ禍にみまわれ、決して平坦な道のりとはいきませんでしたが、お客様と従業員のおかげでどうにか現在までやってこれております。

またSaaS事業の他、経営コンサルティング事業、システム受託開発事業、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進事業を行っております。

せっかくですので、ここで各事業の取り組み状況をご案内させて頂きます。

  • SaaS事業
    • 既に記載のとおり、主にアミューズメント業界向け基幹システムをSaaSにて提供しております。
      具体的には、Operating Proというブランド名で、アミューズメント施設運営事業者向けの経営管理を支援するシステムをクラウドサービスで提供しております。
      本ソリューションは、売上管理・分析や発注・在庫管理など本業界に特化した800以上の機能群を有する巨大なソフトウェアと経営管理及び業務を支援する無線POS端末等ハードウェアから構成されるアミューズメント施設事業者向けの包括的なソリューションとなります。
  • 経営コンサルティング事業
    • 経営戦略とITの融合によるイノベーションを支援するサービスを提供しております。
      DX(デジタルトランスフォーメーション)の急激な広がりの中、当社が長年培ってきた経営コンサルティングとシステム開発の経験をもとに、お客さまの事業戦略実現のため、最新のテクノロジーを駆使した実行的な支援を行っております。
    • 対象領域としては、経営計画や事業戦略策定等戦略系コンサルティングから業務改革や業績評価制度構築など業務・マネジメントコンサルティング、そして情報システム構築、要件定義などITコンサルティング領域まで上流から下流まで広範に一気通貫の経営コンサルティングを行えることを強みとしております。
  • システム受託開発事業
    • 様々な業界向けの基幹システムなど業務系ソフトウェア開発を中心にお客様のパートナーとして要件定義、設計、製造、テストから運用保守まで幅広くご提供させて頂いております。
    • 本事業の特徴は、システム開発会社でよく散見されるシステム開発のみを請け負うということではなく、お客様への経営コンサルティング(経営戦略や業務改革や人事制度構築など)からシステム開発を受託する流れで受注させて頂いております。
      結果として、上流の経営コンサルティングからシステム開発、そしてサーバー管理など保守運用まで一気通貫のサービスを提供させて頂いております。
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)推進事業
    • AIやIoTといった最新のテクノロジーの活用により、従来とは全く異なったゲーム(ビジネスモデルの急激な変化)を仕掛けてくる競合の存在のみならず、今後今以上に顧客として主役とななるデジタルネイティブ世代の出現により、企業はDX推進が21世紀に生き残っていくための必須条件となります。
    • しかし、日本の中堅・中小企業は、DXを推進していくための投資余力及び方法論、更には動機(DX推進の必要性)についても、欧米諸国と比較すると相当な出遅れ感が否めません。
    • 当社は、そのような日本企業のDXに対する現状を踏まえ、本メディアをはじめ、課題の提示、解決策の提示を積極的に行っていきたいと考えております。
  • 海外事業
    • ミャンマーにおいて、ホテル51(https://www.hotel-51.com/)という日本人ビジネスパーソンをメインターゲットとしたビジネスホテルとオフショアシステム開発を行うオペレーティング・パートナーズ ミャンマーという現地法人を経営しています。
デジタルネイティブ世代とは、生まれたときからインターネット環境に囲まれ、スマホに触れ、慣れ親しんできた世代のこと。この世代はリアルな世界とインターネットの世界との垣根が希薄で、常にデジタルをベースに思考する傾向が強いと言われている。企業としては、これらデジタルネイティブ世代の顧客行動を意識したビジネスモデル構築が今後更に求められる。

 

経歴

北海道大学卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行し、7年程度銀行員として働いた後、約20年経営コンサルティング会社にて、主に経営戦略や業務改革などを中心とした上流領域の経営コンサルティングを行っています。

もともとは経営戦略や財務戦略など所謂戦略系コンサルティングを得意としていたのですが、CTCに移籍してからは、IT関連のソリューションを扱うことが多くなり、ついには自身でIT企業を起こすところまで、ITに傾注していきました。

独立後は、経営状況が良くない企業(破綻懸念先など)に直接代表取締役として関与してその企業を再生するターンアラウンドという企業再建の仕事

先に記載のとおり、自身が代表を務めるIT企業(オペレーティング・パートナーズ)にて顧客企業の様々な経営課題をIT面で解決するための情報システム構想やシステム開発、そしてシステム運用まで行っています。更には同社にてアミューズメント業界企業様向けにPOSシステム及び基幹システム(https://www.operating-pro.com/)をクラウドサービスにて提供する事業も行っています。

 

以下は職歴等私の今までの実績を記載致します。

職歴及び受賞歴

  1. みずほ銀行(旧第一勧業銀行)
    • 受賞歴
      • ベスト新規賞
        • 一般的には社長賞のこと各店舗の根幹先となり得る優良法人新規先の獲得及び取引深耕で顕著な実績をおさめた者を全行員から年間数名程度表彰
      • 提案型セールス賞
        • 提案力向上において行員の規範となる優れた実績をおさめた者を表彰
  2. 外資系コンサルティング会社(アーサーアンダーセン)
  3. 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のコンサルティング事業会社にてマネージングディレクター(戦略系コンサルティンググループ事業統括部長)
  4. 現在独立し、株式会社オペレーティング・パートナーズ(システムインテグレーション)を起業し、代表取締役に就任。またミャンマーにてホテル経営とシステム開発(オフショア)を行う現地法人も所有。
  5. 2000年4月米国公認会計士資格取得

 

主要実績

実質破綻先企業の業績をV字回復させ、私的整理に成功
  • 年商80億円(従業員1000名超)、負債額130億円の実質破綻先企業にターンアラウンドマネジャー(代表取締役)として経営参画し、1年で15億円の利益増のV字回復を果たし、企業再生支援機構のスキームを活用した私的整理を成功させ、エグジットした実績を有す。
  • 具体的な成果は以下のとおり
    1. まず経営コンサルタントとして参画し、財務・ビジネスデューデリジェンス及び銀行向け(13行)返済猶予のための説明資料作成及び説明。
    2. 再生計画書作成及びバンクミーティング開催及び運営実施。
    3. 再生企業の代表取締役(ターンアラウンドマネジャー)として参画し、1年で15億円の利益増加を達成し、業績V字回復に成功
    4. 金融機関に対するリスケ(銀行及びリース会社)に成功
    5. スポンサーを自力で探し、スポンサーの支援を得ながら銀行に対して私的整理の交渉を行い、銀行からの債務119億円(私的整理を行う前までに、資産処分及び業績急回復により11億円返済済み)のうち76億円の債務免除に成功。同時にスポンサーより60億円の資金投入を受け、抜本的な企業再生に成功。なお本件は、企業再生支援機構(ETIC)のスキームにて実行。
アミューズメント業界向け基幹システムのSaaS事業をゼロから起業
経営コンサルティング実績
  • 経営戦略策定や企業再生など戦略系コンサルティングから業務改革、システム開発・運用まで、上流から下流まで広範なコンサルティング実績を多数有す。

  • 経験業種は、アミューズメント、医療、電力、システム開発保守、製造(流通情報機器、電気、化粧品)、流通(飲料)、卸(薬)、人材紹介・派遣、タクシー、物流、冠婚葬祭等多様な業界を手掛ている
  • サービス経験領域としては、事業戦略立案、全社経営改革施策立案、新規事業開発に向けたビジネスモデル設計、M&A支援(企業買収に関する企業価値評価及び買収候補先選定等)、組織・業務改革、業績評価・報酬制度設計、営業改革・営業コーチング、企業統合再編支援、調達・購買業務改革、意識行動変革、施策立案後の実行定着化支援、企業再生支援コンサルティング及びターンアラウンドマネジメント、情報システム構想、RFP策定支援、要件定義及び基本設計、PMO(顧客側システム開発支援)など多数

 

得意領域

得意領域

  • 企業再生コンサルティング及びターンアラウンド
  • 営コンサルティングとシステム構築双方への深い知見、つまり経営の視点でシステム構築が可能
    • 戦略系コンサルティングから業務改革、業績評価制度構築及びマネジメント改革、人事評価報酬制度策定、組織設計、情報システム構想、要件定義、設計、PMO等広範なコンサルティング実績
    • 新規事業戦略及び新規事業モデル策定支援、M&A関連コンサルティング支援
    • 起業支援(Incubation)及びビジネスの事業化支援(Business Produce)
    • 財務戦略及び金融機関との具体的な交渉含む実行支援
  • B to Bクラウドサービス運営事業者(顧客2,000店舗以上)としてのITビジネスにおける新規構築及び運営実績
  • IoTやAIなど最新テクノロジー導入に関するコンサルティング(自社サービスに取り込んでいる実績もあり)
  • 自身の経営者としての成功・失敗経験をもとにした、企業価値向上(売上や利益向上等)実現に向けた実践的な経営コンサルティング及び経営

 

以上のように、私の最大の強みは、経営戦略策定や企業再生など戦略系コンサルティングから業務改革、システム開発・運用まで、上流から下流まで広範に一気通貫の経営コンサルティングを行え、単にアドバイスにとどまらず実行支援まで行えることができることだと自負しております。
つまり、会社経営に関することでしたら、大概のことは経験し、対応可能です。アドバイスだけにとどまらず、経営者としての立場で支援可能です。

NO IMAGE

経営に関する悩み等、無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。