注目キーワード
  1. DX
  2. AI
  3. IoT
  4. 業務効率化
  5. 自動化

Microsoft Power Platformとは?

DXの推進が叫ばれる昨今ですが、具体的にどのようにDXに取り組むべきか悩まれている方は多いのではないでしょうか。

近年では、DXの推進に役立つ多数のソリューションが登場しています。

この記事では、DXに活用できるソリューションの一つとして、Microsoft Power Platformについて解説します。

 

Microsoft Power Platformとは

 

Microsoft Power Platform solution image

 

 

Microsoft Power Platformの概要

 

Microsoft Power Platformは、Microsoft社が提供するビジネス課題解決のためのソリューションを集めたプラットフォームです。

Microsoft Power Platformは大きくPower Apps、Power BI、Power Automateという3つのソリューションから構成されます。

近年のDX推進において活用できるツールとして、Microsoft Power Platformに注目が集まっています。

 

Microsoft Power Platformが注目される背景

 

それでは、なぜMicrosoft Power Platformに注目が集まっているのでしょうか。

それは、Microsoft Power Platformが現代ビジネスの潮流に沿ったソリューション群であるためです。

 

現代のビジネスにおいては人手不足を背景に働き方改革が叫ばれており、コロナ過の影響もあり改革のスピードアップが求められています。

人手不足の解消とともに、生産性の向上も企業の重要課題です。

また、各企業はデジタル社会における競争力を維持するために、DXの推進が重要な施策となっています。

 

Microsoft Power Platformを構成する各ソリューションを用いることで、企業の業務プロセスを改善し、より効率的な業務推進を実現できます。

さらに、Microsoft Power Platformには業務自動化やデータ分析、内製化などDXのために利用できるツールがそろっています。

 

 Microsoft Power Platformの構成

 

PowerPlatform全体像(Microsoft HPより掲載)

 

以下では、Microsoft Power Platformを構成する製品群について紹介します。

 

Power Apps

 

Power Apps image

(Microsoft HPより掲載)

 

Power Appsは、エンジニアでなくても簡単にアプリを作成できるソリューションです。

本格的なビジネスアプリケーションであってもローコーディングで作成することができるため、内製化にもってこいのツールです。

 

さらに、既存のアプリケーションの機能拡張に利用することもできます。パッケージソフトウェアのカスタマイズ開発の代わりとして、Power Appsを用いることもできるでしょう。

 

Power BI

 

power BI image

(Microsoft HPより掲載)

 

Power BIは、Microsoftが提供するBIツールです。

BIとは、Business Intelligenceの略称であり、収集したデータを分析し、グラフ等を用いたレポートとして出力できる機能を指します。

Business Intelligenceの名称の通り、企業の経営状況の分析やマーケティングの効果測定、製品の販売量の検討など、ビジネスにおける意思決定に用いることができるツールです。

 

特にPower BIは他のMicrosoft製品との相性が良いことが特徴であり、ExcelやAccessに格納されたデータを簡単に可視化することができます。

 

 

Power Automate

 

Power Automate image

(Microsoft HPより掲載)

 

Power Automateは、Microsoftが提供する自動化ツールです。

過去、Microsoft flowと呼ばれていたクラウド上での処理を自動化するツールに、RPA機能を追加してリリースされました。Power Automateを用いることで、クラウドサービス同士を連携させて処理を自動化したり、Office製品をはじめとしたデスクトップ上での作業を効率化したりすることができるようになります。

 

最近では、Windows10ユーザであればPower AutomateのDesktop版を無償利用できるようになり、さらに注目が集まっているソリューションです。

 

 

Microsoft Power Platformで解決できるビジネス課題

 

Microsoft power Platform business solutions

 

以下では、Microsoft Power Platformで解決できるビジネス課題の例について解説します。

 

ビジネスニーズへの即時対応

 

Microsoft Power Platformを用いることで、ビジネスニーズへの対応速度の向上が期待できます。

Power Appsによりユーザ自身でアプリケーション開発を行うことで、システム開発を外部委託するよりもスピード感をもってアプリケーションを開発することができるでしょう。

 

また、Power Automateを用いることで、業務プロセスの自動化を実現できます。

簡単な業務プロセスであれば、慣れた人なら1日もあれば自動化することができるでしょう。

 

複雑化した業務プロセスの改善

 

現代のビジネスにおいては、過去からの蓄積などを背景に業務が複雑化しているケースが散見されます。

Microsoft Power Platformは、このような複雑化した業務プロセスへメスを入れるのに適したソリューション群です。

 

例えば、Power Automateを用いてプロセスを自動化することで、担当者ごとの業務手順の差異をなくし標準的な業務手順を確立することができます。

さらに、Power Automateに備わったプロセスマイニング機能を用いることで、不合理な業務や非効率な作業手順など、現在の業務プロセスの問題を可視化することができます。

 

低コストかつ軽量にDXへの対応を実現

 

DX推進に苦労している企業は多いのではないでしょうか。

DXといっても何から手を付けていいのかわからず困っている場合は、取り組みやすい課題から解決することをおすすめします。

 

例えば、上述した業務の自動化は取り組みやすく効果が出やすいDXの取り組みの一つです。

また、Power BIを用いてデータ分析を行い、DXに向けた課題の抽出を行うことも良いファーストステップになるでしょう。

 

Microsoft Power Platformの各ソリューションは低コストで利用することができるため、実験的な取り組みにも適しています。

Microsoft Power Platformはクラウドサービスとして提供されるため、ハードウェア投資等も必要なく、サブスクリプションとして月額課金で利用できることもメリットでしょう。

 

まとめ

 

この記事では、DXに有効なソリューション群として、Microsoft Power Platformについて解説を行いました。

DXの推進は企業における喫緊の課題となっています。

優れた製品を活用して、自社のDXを加速させていくことが大切です。

NO IMAGE

DX推進により、企業価値向上を支援する

AIやIoTといった最新のテクノロジーの活用により、従来とは全く異なったゲームを仕掛けてくる競合の存在のみならず、今後顧客として主役とななるデジタルネイティブ世代の出現により、企業にとって、DX推進こそが21世紀に生き残っていくための必要条件となります。 「BRAIN]は、そのような厳しい事業環境下、課題の提示、解決策の提示を積極的に行っていくことにより、企業価値向上を支援します。

CTR IMG